青汁で免疫力を高めて病気の予防をしよう

最近、免疫力を高めることが病気の予防につながる、とたくさんの人が認識するようになりました。

テレビの健康番組や、青汁などの健康食品のコマーシャルからくる健康情報のシャワーと、アレルギーやインフルエンザの蔓延があいまって免疫力アップへの意識が高まっているのでしょう。昔は、それほど免疫力アップをみんなで目指すことはありませんでした。

青汁ママは子供の頃風邪を引いてばかりいて『抵抗力が弱い』と、身内からも学校からも言われていましたが、当時は少数派だったと思います。

毎年、冬になると気管支炎や肺炎、インフルエンザにかかるのは私くらいしたもので、学年単位でみてもこのような体調を抱えていたのは私ともうひとりくらいだった記憶があります。

ところが現代は、大人も子供もあれよあれよという間に、予防接種をしているにもかかわらずインフルエンザに罹り、花粉症や食物アレルギーを発症するようになっています。また、ノロウイルスによる食中毒も非常に多くなりました。

この状況を見ると、やはり現代の子供や30代前半までの若い層は、子供時代の青汁ママよりもはるかに免疫力が弱くなっているのでは?と思わざるを得ません。そして30代の若いうちに重病の『がん』を発症する方も多いと感じています。

なぜこのような状況になっているのか、青汁で免疫力を高めるためにはどうすればいいのか、いろいろと調べてみました!

なぜ免疫力が落ちつつあるのか


免疫力とは、カラダを病気から守ったり、ケガなどの傷から早く回復するチカラのことです。風邪やインフルエンザ、その他のウイルスが体内に入ってきても撃退したり、あるいはカラダの中で日々生まれるがん細胞などを退治する機能がカラダには備わっています。

リンパ球に存在するナチュラルキラー細胞や、血液中の白血球に棲むマクロファージという名前を聞いたことがあると思います。免疫細胞の中ではとても有名ですよね。

健康な時は、これらの免疫細胞が活発に働き、病原菌を追い出し排出したり、がん化した細胞を退治してくれています。

こういった免疫細胞が強く働いていると、極端な話、同じ食事をして周りの誰もがウイルス性の食中毒で倒れても、自分だけが平気、ないしはちょっと具合が悪くなった程度で済む可能性もあるのです。このチカラが、現代人は弱くなりつつあります。

下手をすれば、青汁ママが軟弱だった子供時代よりも弱い子供や若者が多くなったような気がしています。

また、子供や若者に限らず、中高年世代にもアレルギーが増え、インフルエンザには易々と罹り、ガンの発症も増え…と、社会全般で免疫力の低下を思わせるような状況となっています。

もともと丈夫なカラダをもって生まれついても、免疫力が低下すると色々な病気にかかるようになります。なぜ、今の時代にこれほど免疫力が低下しているのでしょうか?専門的なことはお医者様にしかわかりませんが、青汁ママが思うのはまず環境の変化です。

スギ花粉は大量に飛び交い、田舎でも舗装道路から粉塵と排ガスが舞います。次は食事です。食品添加物や、農薬と化学肥料たっぷりの食品は栄養的にも劣るうえに、毒素の代謝で内臓は大忙しとなり疲れています。

そして行きすぎた清潔志向が、ヒトのウイルスへの耐性を弱めて、外部からの刺激に敏感に反応する体質を作ってしまいます。あと、とても大きな免疫力低下の要因と言えるのが『ストレス』ですね。個人の自由が尊重されればされるほど、逆にストレスは大きくなっていきます。

考え方の違うもの同士がお互いに折り合えなくなっているので、非常にストレスの多い世の中となっています。様々な要因の中でも、ストレスは免疫力を大きく低下させます。

このように、免疫力を低下させる要因が増えた現代で、どうやって病気を防ぐ免疫力をキープすればいいのでしょうか?いくら環境が変わったといっても、もう昔には戻れません。

青汁ママは、ずっと自然の多いところで暮らしてきましたが、ここ20数年のうちに外の景色はだいぶ変わりました。とくに大好きな桜並木が切られてコンクリートで固められたりしたときはとてもさみしい気持ちになって、がっかりしたものでした。

ところがその跡地には、大きくきれいな道路ができ、次々とコンビニやドラッグストアが建ちました。いくら昔を懐かしんでも、いまはこれらの店なくしては生活していけませんし、道路も非常に歩きやすいです。また、パソコン、スマホ。

タブレットをフル回転させて電磁波を浴びまくっていますが、もうこれらのデバイスがない生活に戻ることはできません。便利さと引き換えに、失った自然、健全な生活はカラダの中からケアする必要が出てきています。

自然の野草、野菜の絞り汁である青汁はカラダの中から免疫力を高めるチカラを持っています。この時代に、カラダの中に自然を取り込んでいくことは、とても大事です。

免疫力を高める薬はない


重い感染症にかからないために免疫をつけるワクチンはあっても、カラダ全体の免疫力を高める薬というのは、まだありません。そこは民間療法の分野となり、自分に合う方法を試行錯誤していくことになります。青汁もその民間療法の一環として、昔からよく飲まれてきました。

青汁が含むビタミン、ミネラルは栄養バランスの乱れを整え、ポリフェノールは活性酸素を除去し、メラトニンなどの物質がストレスを取り去り、安眠に導きます。青汁がもつこれらの作用が、大きな免疫力アップにつながっていきます。

もちろん青汁のほかにも、免疫力をアップして病気を予防するサプリや食品はあります。天然の抗生物質と言われるプロポリスや、滋養強壮作用があるローヤルゼリーなどの蜂由来のサプリ。そして、毎日食べていると殺菌作用の強さから食中毒を免れる、と言われる梅干し。

美容効果のほかにも、重いアレルギーにも効果があると言われ始めたツバメの巣、古来から滋養強壮に定評のあるすっぽん、緑茶のカテキン、その他高麗人参、田七人参など多様ですね。

ただ、これらのサプリや食材はすべて用意できるものではありませんし、人によって、合う合わないが分かれやすいものでもあります。

特にプロポリスは、風邪や感染性の胃腸炎のとき非常に頼りになるものの、別名『蜂ヤニ』と言われるだけあって、飲んだあとで胃から上がってくる消毒薬のような独特の匂いに耐えられない方もいます。

抗がん作用も期待できるサプリではありますが、いったんがんを発症し、抗がん剤治療に入ってしまうと、その独特の匂いに苦痛を感じて摂取できなくなる方も多いです。また、蜂由来のサプリは乳幼児には使えませんし、梅干しもお子様はほとんど食べられないでしょう。

さらにすっぽん、ツバメの巣に高麗人参となると、現代でも高価で医薬品以上に高いです。健康管理をすべてサプリメントにすると、病院で薬をもらうより高くつく、という現状があります。

そんな中で、一番親しみやすくて手軽、赤ちゃんからお年寄りまで手軽に飲めるのが『青汁』なんですね。いまは飲みやすい上に栄養もしっかりと摂れる青汁が数ありますし、手作りにしようと思えばできます。

ケールは虫が付くので栽培に手がかかりますが、大麦若葉やヨモギ、青ジソなどは栽培もラク。

※水菜のサラダです。

今冬はレタスが高いので、水菜やニンジンなどのサラダをほぼ毎日食べるようにしています。アブラナ科の水菜は、コレステロールも減らせるかもしれませんね。

免疫力を高める植物というのは、植物自体がとても丈夫で生育旺盛ですので、場所があるなら自分でも栽培できます。自然はよくできていて、カラダを助けるものは、常に身近なところにあるものなんですよね。

これらの青汁の材料はプランターでもラクに栽培できますので、ベランダに常備しておくと料理に青汁に、といろいろ使えます。市販の青汁や、手作りの青汁を上手に使って、免疫力アップと病気の予防をしましょう!

TVでもおなじみ!やわたのおいしい青汁

4,100円(税込)
【送料無料】

原料
デキストリン、国産有機大麦若葉乾燥粉末、エリストリロール、国産有機モロヘイヤ乾燥粉末、国産有機ケール乾燥粉末、国産有機桑の葉乾燥粉末、国産有機緑茶乾燥粉末、国産有機抹茶乾燥粉末、ビタミンB群含有酵母、国産有機キダチアロエ乾燥粉末、乳酸菌(乳を含む)、国産有機ゴーヤ乾燥粉末、トレハロース、香料、ビタミンC、甘味料(スクラロース)、β-カロテン(大豆由来)
形状
水に溶かす粉末タイプ
こんな目的に!
これまでの青汁が苦手だった方、食物繊維が足りていない方、なかなか野菜を摂取できない方
溶けやすさ
★★★★★ 5
苦味
★★★★★ 5
ノドごし
★★★★★ 5
大人ウケ
★★★★★ 5
こどもウケ
★★★★☆ 4
レパートリー
★★★★★ 5
賞味期限
★★★★★ 5

船越英一郎さんも愛飲!

「やわたのおいしい青汁」には、ビタミン(A、B群、C)、カテキン、食物繊維、乳酸菌など食生活のバランスを整える様々な栄養素が含まれています。また、お子様からご年配の方まで安心して飲んでいただけるように、甘味のあるスッキリとした味わいにこだわっています。栄養バランスがよく、しかも長く続けられる飲みやすい青汁。この優れた品質で、あなたの健康をサポートします。

生活習慣すっきりチャレンジ!青汁みらい

2,430円+税
【定期初回限定】

原料
桑の葉、マテ茶、マカ
形状
水に溶かす粉末タイプ
こんな目的に!
ケールや大麦若葉が苦手、野菜不足、偏食気味の方
溶けやすさ
★★★★★ 5
苦味
★★★★☆ 4
ノドごし
★★★★☆ 4
大人ウケ
★★★★★ 5
こどもウケ
★★★☆☆ 3
レパートリー
★★★★★ 5
賞味期限
★★★★★ 5

ケールや大麦若葉を使用してない【桑葉、マテ茶、マカ】独特の風味

乳酸菌の有用成分で、美容+健康+ダイエット!青汁というと、野菜不足を補う「大麦若葉」「ケール」を配合した商品が多いと思いますが、 「青汁みらい」は野菜不足を補うだけじゃない、従来と全く異なったアプローチの青汁です。

無添加だから安心!サンスター健康道場 粉末青汁

4,500円+税
【送料無料】

原料
ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ
形状
水に溶かす粉末タイプ
こんな目的に!
野菜不足の方、健康と美容に気を使われる方、手軽に青汁を摂りたい方
溶けやすさ
★★★★☆ 4
苦味
★★★★★ 5
ノドごし
★★★★☆ 4
大人ウケ
★★★★★ 5
こどもウケ
★★★★☆ 4
レパートリー
★★★★★ 5
賞味期限
★★★★★ 5

一杯で野菜100g分!一日の野菜不足が補える

野菜5種類使用の青汁。国産100%、1袋10gと量にも素材にもこだわった本格派。添加物は一切使用してないので安心!

濃い!美味しい!藍の青汁

1,800円+税
【初回限定・送料無料】

原料
有機大麦若葉(国産)、乳糖果糖オリゴ糖、桑の葉粉末(国産)、クマザサ粉末(国産)、藍抽出物(還元麦芽糖、藍(国産))/トレハロース
形状
水に溶かす粉末タイプ
こんな目的に!
野菜不足が気になる方、忙しく生活が不規則な方、おいしい青汁をお探しの方
溶けやすさ
★★★★★ 5
苦味
★★★★☆ 4
ノドごし
★★★★★ 5
大人ウケ
★★★★★ 5
こどもウケ
★★★★☆ 4
レパートリー
★★★★★ 5
賞味期限
★★★★★ 5

商品が新しくなり味が濃くなりました

『藍の青汁』は、食物繊維をはじめ、ビタミン、ミネラルがたっぷりと含まれている国内有機野菜「大麦若葉」を配合。さらに古来より健康維持のために伝承されている「桑の葉」や「クマザサ」も贅沢に使用し、食事だけでは不足しがちな野菜の栄養をしっかりと補えます。

生活習慣すっきりチャレンジ!青汁みらい

2,430円+税
【定期初回限定】

原料
桑の葉、マテ茶、マカ
形状
水に溶かす粉末タイプ
こんな目的に!
ケールや大麦若葉が苦手、野菜不足、偏食気味の方
溶けやすさ
★★★★★ 5
苦味
★★★★☆ 4
ノドごし
★★★★☆ 4
大人ウケ
★★★★★ 5
こどもウケ
★★★☆☆ 3
レパートリー
★★★★★ 5
賞味期限
★★★★★ 5

ケールや大麦若葉を使用してない【桑葉、マテ茶、マカ】独特の風味

乳酸菌の有用成分で、美容+健康+ダイエット!青汁というと、野菜不足を補う「大麦若葉」「ケール」を配合した商品が多いと思いますが、 「青汁みらい」は野菜不足を補うだけじゃない、従来と全く異なったアプローチの青汁です。

置き換えダイエットに!すっきりフルーツ青汁

630円+税
【ラクトクコース・初めての方限定】

原料
還元麦芽糖水飴、大麦若葉粉末、クマザサ粉末、デキストリン、乳糖、明日葉粉末、果実パウダー、フィッシュコラーゲン、藍藻抽出物複合品[アカシア食物繊維、イナゴ豆抽出物、藍藻抽出物(ブルーグリーンアルジー)、ザクロ抽出物]、抹茶、植物醗酵エキス、アカメガシワ抽出エキス末、有胞子性乳酸菌、乳酸菌(殺菌)、メロンプラセンタ(胎座)抽出分、フルーツ・野菜エキス、豆乳末、パイナップル果実抽出物、香料、グァガム、茶抽出物、β-カロチン、シクロデキストリン、モナスカス色素、(原材料の一部に乳、小麦、ゼラチン、大豆、オレンジ、リンゴ、バナナ、キウイフルーツ、ゴマ、カシューナッツを含む)
形状
水に溶かす粉末タイプ
こんな目的に!
ダイエットに
溶けやすさ
★★★★★ 5
苦味
★★★★★ 5
ノドごし
★★★★★ 5
大人ウケ
★★★★★ 5
こどもウケ
★★★★★ 5
レパートリー
★★★★☆ 4
賞味期限
★★★★★ 5

ほのかなミックスフルーツの味で飲みやすい

嬉しい美容成分コラーゲン、プラセンタ、セラミド配合!生きた乳酸菌でお腹の中もスッキリ!美容とダイエットには最適の青汁としておススメです。