青汁は健康のほかに美容にもいい?あらゆる効果を検証!

青汁はしばらくの間、健康のために飲むというイメージがありましたが、最近は美容のために飲むのも普通になってきました。
野菜をたっぷり食べることが、美容のためには欠かせないことですので、青汁が美容に効果があるのは当然ですね。

ただ、いまでは美容やダイエットのための青汁も出ています。特に『美容』とうたっていない青汁も十分に美容にいいため、どんな青汁を選んだらいいか迷うこともあるかもしれません。

こちらのページでは、どのような青汁を選べば美容、健康の両方に効くのかとか、青汁の効果効能、便秘解消効果やアンチエイジング効果について説明していきます。

健康にも美容にも良い青汁は、どういうものを選べばいい?

栄養と食物繊維のバランスが取れた青汁がベスト

どの青汁も美容と健康にいいですよ、と言ってしまえば身も蓋もありませんが、市場にあまたある青汁の中で、特に美容にも健康にも良い青汁を選ぶなら、栄養面と食物繊維のバランスが取れた青汁を選ぶといいでしょう。

青汁は、もともと美肌効果のあるビタミンB群やビタミンC、抗酸化力のあるビタミンEを豊富に含んでいます。ただ、青汁の原材料となる野菜はそれぞれに成分が違います。

大麦若葉のように、ビタミンB群とスーパー酵素が摂れるものもあれば、ケールのようにビタミンCやビタミンE、ベータカロテンが豊富なものもあります。

また、桑の葉はデオキシノジリマイシンが突出して多く、血糖値を下げる上に糖の吸収を抑える作用がダントツです。

このように、野菜それぞれに得意技が違うので、美容にも健康にも良い青汁を探しているなら、大麦若葉だけとか、ケールだけという単一材料のものよりも、大麦若葉、ケール、桑の葉、明日葉、モロヘイヤなどがバランスよく配合してある青汁を選んだ方がいいですね。

もちろん、単一材料の青汁が好きならそれはそれでかまいませんが、朝はケール、昼は大麦若葉、夜は桑の葉、という風に飲み分けると美容と健康、両方への効果が得られます。そして適度に食物繊維が配合されたものが良いです。

無添加の青汁でも、食物繊維はかなりありますが、難消化性デキストリンが添加してあるとより食物繊維を摂れて便通もよくなります。難消化性デキストリンを、食品添加物として避ける方もいます。

実際に、摂りすぎはお腹がゆるくなることもあるのですが、美容への一歩はまず便秘の解消からですので、よほど胃腸が弱くない限り難消化性デキストリンは嫌わず、適度に取り入れてみたいものです。

美容成分が添加してある青汁にも注目


青汁の中には、卵殻膜の粉末やプラセンタ、ローヤルゼリー、セラミドなどの美容成分が添加してあるものがあります。
こういう青汁は、化粧品会社で売っている場合が多いので要チェックです。

アルマードの卵殻膜美菜も、美容にはとても効果がありました。いま話題の『すっきりフルーツ青汁』も美容成分がたっぷり入っています。ビタミンC、プラセンタ、セラミドと豆乳粉末入りとなると、かなりの美肌効果が期待できますよ。

私が、美容成分として特にこだわるのがセラミド。基礎化粧品の成分としてのセラミドが市場に出回るようになったのは、かれこれ25年以上前になります。セラミド入り化粧液のおかげで、当時のニキビがだいぶ少なくなりました。

お肌をしっかり保湿するので、セラミド入りの基礎化粧品を使い続けて来た結果、40代半ばのいまでも気になるほどの小じわはありません。ただ、セラミドをサプリとして飲むようになったのは、ごく最近のこと。

一度セラミドのサプリをお試しで飲んだら、お肌だけではなく爪までしっとりとしてきました。すっきりフルーツ青汁も、身体の中からセラミドを摂れるので、お肌の調子が楽しみです。

美容にも健康にも良い青汁を選ぶなら、こういった美容成分にも注目して選んでみるといいですね。

青汁の効果、効能はかなり深い!青汁を始めて感じた効果いろいろ

ビタミン剤を色々飲むくらいなら、青汁を飲んだ方がいい

これまで、青汁の効果、効能について折に触れ書いてきましたので、ここでは青汁が具体的に何に効いたのか、という事について、私の経験を織り込みながら書いていきます。

まず、青汁を飲むようになってから感じるようになった効果は、市販のビタミン剤の量が減ったこと。私はもともと風邪を引きやすい体質でスタミナもないものですから、ビタミン剤は何種類も飲んでいました。

飲まなければ安心できないですし、実際に飲み忘れると疲労がひどくなります。とはいえ、市販のビタミン剤は合成したビタミンのお薬です。少量の劇薬や化学物質でできているのが、効果効能をはっきりとうたえるお薬なんですよね。

そのため、お薬を代謝するために肝臓や腎臓などの内臓に負担をかけているのでは…と、気になっていました。どんないい薬にも、少しは毒素が含まれています。

それを分解して体外へ排出していくのが肝臓や腎臓なので、お薬の量が増えれば増えるほど負担がかかります。今は良くても、将来の健康への不安がありました。しかし習慣を変えることはなかなかできません。

合成したビタミン剤には即効性がありますし、色々とやることが溜まっているときはやはり飲んでおかないと乗り切れませんので、ずるずると飲んでしまっていました。それが、青汁と出会ったことで徐々に変わりました。

まずは朝の1杯でカラダに力が付き、寝る前の1杯ですっきり起きられます。長丁場の仕事があるような時でも、ビタミン剤を飲むのを忘れていても大丈夫な日々が続き、いつの間にか常備していたビタミン剤がかなり余るようになってきました。

青汁は、野菜のビタミンを濃縮したエキスです。即効性はありませんが、じっくりとカラダに浸透して体力をつけてくれていたのですね。いま、ビタミン剤の量は青汁を飲む前の3分の1に減りました。

もっと減らせればいいですが、年齢的な部分もあるのでゆっくりと減らして内臓を労わりたいと思っています。

青汁は、肝臓の機能もサポートする

健康や美容への効果が大きい青汁ですが、肝臓や腎臓などの内臓機能をサポートするのも青汁です。

さっきも書いた通り、肝臓、腎臓はカラダに取り込んだ毒素を分解して排出する臓器です。お酒だって、カラダにとっては毒素なので肝臓が懸命にアルコールを分解しますよね?肝臓にその機能があるから、人は飲みすぎから回復できます。

ただ、お酒の飲みすぎが続くと、比較的丈夫な臓器である肝臓が悲鳴を上げて、肝臓の機能が衰えてきます。また加齢や、いつも飲んでいるお薬が肝臓に負担をかけることもありますので、肝臓のケアは早いうちからしなければなりません。

それなのに、肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるほど、状態が悪くなっていても痛みを感じづらく、検査で初めて異変を知ることになるのですね。青汁には、肝臓の機能をサポートするチカラがあります。

豊富なビタミンCは、アルコールの分解を手伝いますし、大麦若葉のコリンのように肝機能を助ける成分もたっぷりあるのです。
昔、青汁は朝までお酒を飲んで目を赤くしていたオジさん達が、なんとなく二日酔いに効くような気がして喫茶店あたりで飲んでいるものでした。

外で飲む青汁というと、そういうイメージがありました。実際に、二日酔いのときは野菜ジュースや野菜のスープを飲むと治りが早いですから、青汁の肝機能アップの効果は十分に期待できます。

ただ、肝臓や腎臓の病気にかかっている方は、青汁のビタミンやミネラルを分解して排出する力が弱くなっていますので、主治医の先生と相談の上で、飲むか飲まないかを決めましょう。

青汁のカフェインには、どういった効能がある?

青汁にも、カフェインが入っているものがあります。緑茶や、抹茶などに入っている青汁によくあり、妊娠中、授乳中には避けたほうがいいのがカフェイン入りの青汁となっています。

ただ、それ以外の方はカフェインの効能を享受できます。まず、カフェインには覚醒作用があります。

カフェイン豊富なコーヒーを飲むと、眠気がおさまり頭がすっきりしますよね?カフェイン入りの青汁にも、ある程度はコーヒーのような覚醒効果が期待できるのです。また、カフェインには覚醒作用とともに興奮作用もあります。

気分を上げてくれますので、仕事前の一服にもピッタリですね。そして、カフェインには利尿作用があるため、素早くカラダの毒素を排出してくれます。胃酸の分泌も良くしますので消化もよくなり、胃がん予防もできると言われています。

カフェインは、摂りすぎにさえ気をつければ、とても効果効能の高い成分なんですね。カフェインの副作用で一番有名なのは、その覚醒作用のおかげで寝る前に飲むとよく眠れなくなることでしょう。

コーヒーや紅茶ならばそういう事もありますが、青汁に含まれるカフェインはたいした量ではないので、心配する必要はあまりありません。

青汁のカリウムは、血圧を下げてむくみを取る?

青汁は、非常にカリウム豊富な健康食品です。

カリウムには、過剰に摂った塩分を体外に排出する作用がありますので、中年期以降には欠かせない栄養素となります。なぜなら、中年に差し掛かるとほとんどの人が血圧が高めになってきます。

私自身も、30代中盤までは血圧が低めで『血圧が低くて朝起きられない?』などと言っていたクチで昇圧剤を飲んでいましたが、40代に入ったら手のひらを返したように血圧が高めになってしまいました。ホント歳には逆らえないものです。

あとは生活習慣の乱れもあったと反省しています。健康食品やら、健康法オタクなわりには不摂生だったなと思っています。不摂生だからこそ健康食品に頼るのかもしれませんが…。

高血圧は生活習慣病への黄信号ですので、降圧剤を飲むとともにダイエットや生活習慣の改善をはかりましたが、肝心の血圧はなかなか下がらず。

ところが、青汁を飲み始めてかれこれ9ヶ月、家の血圧計で測ってみたら、スポーツ中継をテレビ観戦して興奮したまま夜明かしした後でも、最高血圧が130台となって安定していました。

もちろん、病院で処方されたお薬を飲んだ上でのこの血圧なのですが、徹夜明けにこの数値、ということはなかなかありません。
少しはいい兆候が見えてきたのかなと思っています。

もし書ける機会があれば、青汁を飲み続けて高血圧にさらなる改善が見られたかどうか、その過程をご報告していきたいですね。
それから、寝る前に青汁を飲んでおくと、顔のむくみに悩まされることがありません。

メラトニン豊富な青汁のストレス解消効果のおかげでスッキリ眠られるおかげもありますが、青汁が含むカリウムは余分な水分を排出することから、カラダのむくみも取ります。そのため、朝起きて鏡をみて『アレ?痩せた?』と思うくらい顔がスッキリしていました。

私は、ちょっと太ってもしっかり顔に出るタイプですので、ここ数年ダイエットがなかなかうまくいかず、朝のむくみにうんざりしていました。今は、顔まわりが驚くほどスッキリしています。

青汁のおかげで、少しずつ痩せている事も影響しているのかもしれません。とはいえ、普通にダイエットしていると顔に効果が出るのは一番最後だったのです…。

この悩みも、青汁でずいぶん解消できました!

青汁で、髪が若返る?


中年期にさしかかると、ほとんどの方に訪れる薄毛の悩み。男女とも、そこからは逃れられないものです。

これはホルモンや成長因子の影響もあり、男性の薄毛は男性ホルモン、女性の薄毛はFGF-5という脱毛を促す成長因子が強く関わっています。ちなみに、男女とも歳を取ると、脱毛を促すFGF-5の影響は受けます。まったく余計なお世話の成長因子ですね。

お陰様で、若い頃は毛深くて悩んだ私の髪も、徐々に減ってきました。私の場合は、もともと毛量が多すぎたくらいなので気にしていませんでしたが、深刻なのは母親の方。

親子なのにまったく髪質が違い、60代後半にさしかかった母親は、かなりの薄毛になってウィッグも検討していたくらいでした。
ところが、青汁を飲むようになってから、髪に変化が出てきました。私のほうは少々、後退した額からまた前髪が生えてきました。

そして若い頃から髪が細くてハリがなく、ハゲかけていた母の髪にもハリが出てきて前髪が立ち上がるようになり、ツヤも出てきました。そのためもう、ウィッグのことは話題にのぼりません。

青汁には増毛効果がある、とネットでよく見かけましたが、それは本当かもしれないと思っています。

青汁はストレスを解消し、血流もよくなりますし、余計な皮脂を抑えるビタミンB群も豊富にありますからね!あと、私の方は最近よく出るようになっていた白髪が減りました。

時々ヘアマニキュアで染めていたのですが、いつの間にか前髪にたまに出るくらいになったので、白髪ケアは抜くだけでOK。白髪染め代も美容院代も節約できています(笑)60代後半と40代半ばで、髪が若返ることってあるんだなぁ?、とビックリしています。

あくまで個人の体験なものの、これは青汁を飲んでからの変化なので、少しは効果があったのでしょうね。

青汁の便秘解消効果は、どのくらい飲むと実感できる?

青汁で便秘解消するなら、数ヶ月は飲んだほうがいい

一杯の青汁で食物繊維がたっぷり摂れるため、青汁を飲むとすぐに便秘が解消されスッキリできると思いがちなのですが、その効果はやはり人によって違ってきます。

私もけっこうな便秘体質です。いろいろ工夫を重ねたので、もう1週間も10日も…という事はなくなりましたが、毎日スッキリというわけでもありませんでした。体調改善や、ダイエットも兼ねて禅食も始めてみました。

体調は良くなったものの、便秘解消効果はあまり得られなかったですね。家族のほうが、同じように禅食を飲んだらすぐ便秘が良くなったらしいので、そこはやはり体質によりけりということでしょう。

ちなみに、家族は青汁の方では劇的な便秘改善効果が出たわけではないようです。私はこの時から、青汁もたまに飲むようになっていました。やはり、すぐに効果は出なかったです。

ただ、便秘薬に頼らなくてもなんとか3日に1度くらいのお通じはあったので、根気良く青汁を飲んでいたら、半年くらいで順調になってきました。

飲み方次第で、さらに便秘は良くなる


便秘解消のための青汁の飲み方は人それぞれです。

色々と試した結果、水に溶かして飲むのが一番という方のホームページも見ましたし、青汁の種類にもよりけりで、サンスターの缶入り青汁『おいしい青汁』がバッチリ効いたという方もいて、とても参考になりました。

私の場合は、試行錯誤を重ねた結果、ヨーグルト割りが一番でした。前にも書いた通り、大さじ2、3杯のヨーグルトと少量のカルピスをスプーンでトロトロに混ぜ、牛乳を足してヨーグルトドリンクにした状態に青汁を混ぜます。

この時の青汁は、お好みの青汁で大丈夫です。このスペシャルドリンクを朝のうちに飲んでおくと、たちどころにお通じがやってきます。それも1日何回もありますので、出かけない日に飲むことにしています。

このドリンクは、カロリー的には高いかもですが、ほぼ朝食代わりになっていますし、とにかくスッキリ力がものすごいので、さすがにお腹が凹んできました。

私の場合は、ヨーグルトや乳酸菌飲料と合わせて青汁を採ることが、体調面でも、便秘解消にとっても良いみたいです。ちなみに、このスペシャルドリンクは体調によって、カルピスをハチミツに変えてもいいですし、レモンを足せばビタミンCの補給もできます。

瞬発力が欲しいなら卵を加えてしっかり混ぜてもいいですね(ちょっと面倒くさいですが)。ローヤルゼリーやすっぽんの粉末を持っている方であれば、それを加えると滋養ドリンクになります。

その日の体調や目的に合わせて、入れるものを変えるのも楽しみのひとつです。

青汁で、自分なりのスペシャルドリンクを作ってみてはいかがでしょうか?ラクして痩せられるなんてあり得ない、と思っていましたが、ここまで便秘解消が出来ると、普通に生活しているだけでも徐々にカラダの見た目が細くなってきました。

腸もスッキリ、ぜい肉もスッキリですね。

青汁にアンチエイジング効果はあるか?

青汁を飲むと、カラダの中から若返る?

青汁の効果、効能のところで、青汁を飲み続けていたら髪の量が増えたり、白髪がほとんどなくなってきたと書きました。

ただ、その理由は青汁のほかにもあると思います。私はここ数年、パーマやカラーリングをしていないので、頭皮を傷めず髪の健康を徐々に取り戻しているという事もあるでしょう。

ただ、いまの40代半ばという年齢を考えると、この歳で髪が増えるなんて自分でも信じられないです。それが若返りなのかどうかは、素人の私にはわかりません。

将来的には、若返りのためのナントカ細胞なども開発されてくるとは思いますが、それは科学者の領域。青汁ママは、自分自身の行動範囲内でほぼ元気で健康に暮らせて、少々おしゃれを楽しめればそれでいいのです。

そのくらいのチカラなら、青汁はじゅうぶんに助けになってくれます。また、単に外見が若く見えても、カラダの中の老化は見逃しやすいもの。いまの時代、化粧品や服装で見た目はどうとででも若く見せられますが、年齢はしっかりカラダの中に出ます。

血圧、肝機能、中性脂肪、関節の痛み…。やはりカラダを長く使ってくると、それほど無理を重ねていなくともガタが来るものです。青汁には、このカラダの中の老化もある程度、遅らせてくれる作用があります。

実際に、降圧剤を飲んでいる状態とはいえ血圧も少しずつ下がり安定してきましたし、肥満もちょっとずつ解消されつつあります。

私は、カラダは丈夫ではなかったけれど、丈夫になるためには身体を動かすことが大事と色んなお医者さんに言われてきて、その通りにしてきたので運動は苦になりません。それでも、40歳を過ぎてからピタリと痩せられなくなっていたのです。


青汁を飲み始めて、便秘解消がより効果的にでき、億劫さや疲労感が取れたこともあるのか、停滞していたダイエットの結果が出やすくなりました。

あと5キロくらい痩せられたら、血圧もまた正常に戻ると思うのですが、それは今後ずっと青汁を飲み続けて経過を見たいところです。

青汁のアンチエイジング作用で注目の成分は?

それでは、青汁が含むアンチエイジングとは何でしょうか?まずは、豊富なポリフェノール。抗酸化作用が強いことで有名ですね。野菜のベータカロテンも活性酸素を抑える作用があります。

また、ビタミンCも抗酸化作用にすぐれています。ビタミンcというと、美容や美白、美肌効果、疲労回復作用のほうが有名ですが、強い抗酸化力も持っています。免疫力を高めるのにも、ビタミンCは活躍しますね。

あとは、若返りのビタミン、と呼ばれるビタミンEも青汁にはたっぷり含まれています。これらのビタミンが、血液から活性酸素を除去し、血管を健康に保ち、肌の弾力も高めてくれます。肌だけではなく、頭皮や髪の健康にも影響するのが当然、という気がしてきますね!

さらに、青汁のアンチエイジング成分で見逃せないのが野菜の酵素です。この酵素は、加齢とともにカラダの中から減っていきます。

そのため『歳を取ると消化が悪くて、若い頃は食べられた脂っこいものが食べられない』などという現象も起こってしまいます。

それは自然なことで、中年期以降は食べ過ぎに注意するのが普通ではありますが、青汁を飲み始めると豊富な酵素のおかげで消化が良くなってきます。

青汁の場合はSOD酵素が非常に豊富ですので、胃腸の働きを始め、カラダの中のめぐり全体が良くなっていると感じます。実質、青汁と飲み始めると前と後では、食べる量はそれほど変わっていません。たまに夜食を青汁+牛乳などで置き換えにするくらいでしょうか。

間食はほとんどしませんし、寝る直前に何か食べるということもあまりない上、野菜中心の食生活をしています。

それでも、もともと代謝が悪かったのか太りやすい上に、40歳を過ぎてからはピタリと痩せなくなったのが、ここに来て、青汁のおかげで状況が改善してきました。体調も上向き、体型は徐々に引き締まり…という感じです。

いくら、ダイエットには食事制限と運動が大事といっても、中年ですので若い頃のような無理はできません。若い頃は無理なダイエットを成功させて、風邪ばかり引いていましたが、それも若いからこそ乗り切れていたと思います。

いま同じことをやったら、きっと命にかかわると思います(笑)そのため、青汁でゆるやかにカラダの老化を遅らせて、ダイエットを成功させてクオリティオブライフ(生活の質)を上げたいものですね。

TVでもおなじみ!やわたのおいしい青汁

4,100円(税込)
【送料無料】

原料
デキストリン、国産有機大麦若葉乾燥粉末、エリストリロール、国産有機モロヘイヤ乾燥粉末、国産有機ケール乾燥粉末、国産有機桑の葉乾燥粉末、国産有機緑茶乾燥粉末、国産有機抹茶乾燥粉末、ビタミンB群含有酵母、国産有機キダチアロエ乾燥粉末、乳酸菌(乳を含む)、国産有機ゴーヤ乾燥粉末、トレハロース、香料、ビタミンC、甘味料(スクラロース)、β-カロテン(大豆由来)
形状
水に溶かす粉末タイプ
こんな目的に!
これまでの青汁が苦手だった方、食物繊維が足りていない方、なかなか野菜を摂取できない方
溶けやすさ
★★★★★ 5
苦味
★★★★★ 5
ノドごし
★★★★★ 5
大人ウケ
★★★★★ 5
こどもウケ
★★★★☆ 4
レパートリー
★★★★★ 5
賞味期限
★★★★★ 5

船越英一郎さんも愛飲!

「やわたのおいしい青汁」には、ビタミン(A、B群、C)、カテキン、食物繊維、乳酸菌など食生活のバランスを整える様々な栄養素が含まれています。また、お子様からご年配の方まで安心して飲んでいただけるように、甘味のあるスッキリとした味わいにこだわっています。栄養バランスがよく、しかも長く続けられる飲みやすい青汁。この優れた品質で、あなたの健康をサポートします。

生活習慣すっきりチャレンジ!青汁みらい

2,430円+税
【定期初回限定】

原料
桑の葉、マテ茶、マカ
形状
水に溶かす粉末タイプ
こんな目的に!
ケールや大麦若葉が苦手、野菜不足、偏食気味の方
溶けやすさ
★★★★★ 5
苦味
★★★★☆ 4
ノドごし
★★★★☆ 4
大人ウケ
★★★★★ 5
こどもウケ
★★★☆☆ 3
レパートリー
★★★★★ 5
賞味期限
★★★★★ 5

ケールや大麦若葉を使用してない【桑葉、マテ茶、マカ】独特の風味

乳酸菌の有用成分で、美容+健康+ダイエット!青汁というと、野菜不足を補う「大麦若葉」「ケール」を配合した商品が多いと思いますが、 「青汁みらい」は野菜不足を補うだけじゃない、従来と全く異なったアプローチの青汁です。

無添加だから安心!サンスター健康道場 粉末青汁

4,500円+税
【送料無料】

原料
ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ
形状
水に溶かす粉末タイプ
こんな目的に!
野菜不足の方、健康と美容に気を使われる方、手軽に青汁を摂りたい方
溶けやすさ
★★★★☆ 4
苦味
★★★★★ 5
ノドごし
★★★★☆ 4
大人ウケ
★★★★★ 5
こどもウケ
★★★★☆ 4
レパートリー
★★★★★ 5
賞味期限
★★★★★ 5

一杯で野菜100g分!一日の野菜不足が補える

野菜5種類使用の青汁。国産100%、1袋10gと量にも素材にもこだわった本格派。添加物は一切使用してないので安心!

濃い!美味しい!藍の青汁

1,800円+税
【初回限定・送料無料】

原料
有機大麦若葉(国産)、乳糖果糖オリゴ糖、桑の葉粉末(国産)、クマザサ粉末(国産)、藍抽出物(還元麦芽糖、藍(国産))/トレハロース
形状
水に溶かす粉末タイプ
こんな目的に!
野菜不足が気になる方、忙しく生活が不規則な方、おいしい青汁をお探しの方
溶けやすさ
★★★★★ 5
苦味
★★★★☆ 4
ノドごし
★★★★★ 5
大人ウケ
★★★★★ 5
こどもウケ
★★★★☆ 4
レパートリー
★★★★★ 5
賞味期限
★★★★★ 5

商品が新しくなり味が濃くなりました

『藍の青汁』は、食物繊維をはじめ、ビタミン、ミネラルがたっぷりと含まれている国内有機野菜「大麦若葉」を配合。さらに古来より健康維持のために伝承されている「桑の葉」や「クマザサ」も贅沢に使用し、食事だけでは不足しがちな野菜の栄養をしっかりと補えます。

生活習慣すっきりチャレンジ!青汁みらい

2,430円+税
【定期初回限定】

原料
桑の葉、マテ茶、マカ
形状
水に溶かす粉末タイプ
こんな目的に!
ケールや大麦若葉が苦手、野菜不足、偏食気味の方
溶けやすさ
★★★★★ 5
苦味
★★★★☆ 4
ノドごし
★★★★☆ 4
大人ウケ
★★★★★ 5
こどもウケ
★★★☆☆ 3
レパートリー
★★★★★ 5
賞味期限
★★★★★ 5

ケールや大麦若葉を使用してない【桑葉、マテ茶、マカ】独特の風味

乳酸菌の有用成分で、美容+健康+ダイエット!青汁というと、野菜不足を補う「大麦若葉」「ケール」を配合した商品が多いと思いますが、 「青汁みらい」は野菜不足を補うだけじゃない、従来と全く異なったアプローチの青汁です。

置き換えダイエットに!すっきりフルーツ青汁

630円+税
【ラクトクコース・初めての方限定】

原料
還元麦芽糖水飴、大麦若葉粉末、クマザサ粉末、デキストリン、乳糖、明日葉粉末、果実パウダー、フィッシュコラーゲン、藍藻抽出物複合品[アカシア食物繊維、イナゴ豆抽出物、藍藻抽出物(ブルーグリーンアルジー)、ザクロ抽出物]、抹茶、植物醗酵エキス、アカメガシワ抽出エキス末、有胞子性乳酸菌、乳酸菌(殺菌)、メロンプラセンタ(胎座)抽出分、フルーツ・野菜エキス、豆乳末、パイナップル果実抽出物、香料、グァガム、茶抽出物、β-カロチン、シクロデキストリン、モナスカス色素、(原材料の一部に乳、小麦、ゼラチン、大豆、オレンジ、リンゴ、バナナ、キウイフルーツ、ゴマ、カシューナッツを含む)
形状
水に溶かす粉末タイプ
こんな目的に!
ダイエットに
溶けやすさ
★★★★★ 5
苦味
★★★★★ 5
ノドごし
★★★★★ 5
大人ウケ
★★★★★ 5
こどもウケ
★★★★★ 5
レパートリー
★★★★☆ 4
賞味期限
★★★★★ 5

ほのかなミックスフルーツの味で飲みやすい

嬉しい美容成分コラーゲン、プラセンタ、セラミド配合!生きた乳酸菌でお腹の中もスッキリ!美容とダイエットには最適の青汁としておススメです。